節分

皆さんこんにちわ。

東京本店の岩井田です。

2月3日は節分でしたが皆さんは恵方巻、豆まきはやりましたか?

節分と言ってもいつからのどのように始まったのかご存知では無い方も多いのではないかと思います。
今回は少し節分について調べてみました。

「節分」とは季節の変わり目も表すようで実は、春夏秋冬の年4回もあるようです。
又、豆をまき鬼を追い払うのは、その昔、季節の変わり目には鬼(邪気)が生じると言われており、
その鬼(邪気)を追い払う儀式として始まったとの事です。

毎年、その意味も知らずに豆をまいておりましたが意味や由来を理解することで
節分への気持ちの入れ方も変わってきそうです。

恵方巻についても調べてみました。
一つの説として江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で商人が芸遊びをしながら
商売繁盛を願って食べたのが始まりのようです。

恵方を向き、一本丸ごと食べることで無病息災、商売繁盛の運を一気にいただく。という
ことを意味しており、途中で止めると運を逃すを言われているようです。

調べると調べただけいろいろと意味がありますね。

今年はその意味を理解できずに節分を過ごしてしまいましたが
来年はその意味をしっかりと考えながら鬼を外に、そして運を逃さないようにしたいと思います。
f0368824_17450090.jpg




[PR]
by pullupblog | 2018-02-05 17:45