札幌から旭川まで


お世話になっております。
札幌支店の笠原です。

先日、仕事で旭川に行ってきたのですが、本日は札幌から旭川までの途中にある町を紹介します。


まず、隣町(札幌市の東側)の江別市!
看板には40000キロと書いてますが、札幌市中心から江別市中心は約20キロです。

f0368824_18042510.jpg



















その次は岩見沢市です。
冬の降雪量がすごいです!
ドカ雪祭りが開催されておりますが、とても楽しいイベントです。

f0368824_18220372.jpg






















次は三笠市です。
ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を丸ごと楽しむことができる場所をいいます。

f0368824_18301690.jpg






















次は美唄市です。
美しい唄の町。素敵な名前です。
焼き鳥が有名です。
美唄市から滝川市までは日本一長い直線道路があります。

f0368824_18405768.jpg






















次は砂川市です。
ここから旭川市まで、地名の最後に川がつきます。
砂川には、ケーキ類、和菓子類、パン類、冷菓類などを作っている菓子店が多数の店舗を出しております。
国道12号線(日本一の直線道路内)を中心にお菓子屋さんが広がるこの街はすながわスィートロードと呼ばれています。

f0368824_19005611.jpg






















次は滝川市です
菜の花がとても綺麗な町です。
みきてぃーーー!の出身地でもあるようです。

f0368824_19103241.jpg
f0368824_19104410.jpg












次は深川市です
お米のまち深川です!
北海道は、ななつぼし、ゆめぴりか、ふっくりんこ等、全国的にもお米が有名になってきました!

f0368824_19274066.jpg





















そして旭川市に到着です!
旭山動物園が有名ですが、旭川ラーメンもいいですね。
北海道第2の人口34万人を有する中核市です。

f0368824_19360513.jpg

















北海道へ
ぜひ遊びに
ぜひ収益物件の購入に
来てください!

[PR]
by pullupblog | 2017-05-29 16:53

お世話になっております。

東京本店の柳沼です。

月曜日の同僚との会話で頻発するのが、

『昨日何してた?』

日曜に休みを取られている方は多いかと思いますので、多くの方々の中で使われているのではないでしょうか。

私の最近の休み方はと言うと、家でゆっくりと過ごすか、西武ライオンズ戦の観戦に向かいます。

余談ですが、家でゆっくり過ごす際も、TVではライオンズ戦の中継を流しております笑。

実は昨日もライオンズ戦を観戦しに行ってきました。

昨日のゲームは、もう既に今年のベストゲームと言っても過言じゃないのではないかと思わせるような素晴らしいゲームでした。

序盤から4点差をつけてライオンズが勝っていたために、余裕綽々で観戦していると、一気に5点奪取で逆転してくるホークス。

しかしそのすぐ裏に同点に追いつくライオンズ。

今日は延長戦かななどとにわかに思っていた8回に、ホームランでライオンズが1点勝ち越し、最後打者三人を仕留めれば終わりなので、
やっぱり早く終わりそうだななどと思っていると、今度はホークスがホームランで同点。

一気に沈黙になるライオンズファン達も、これはポジティブに捉えればサヨナラのチャンスなのではないかと思い始めます。

その期待通り、前キャプテンの栗山選手が、見事なサヨナラホームラン!

あの瞬間のライオンズファン達の歓声や一体感は、球場にいなければ計り知れないものだとは思いますが、本当に幸せな時間でした。
f0368824_19403068.jpg



































顔も振る舞いも、プレーもイケメン過ぎる栗山選手に、本当に感謝する一週間のスタートとなりました。

明日は珍しく、前橋でゲームがありますのでお近くの方は観に行かれてはいかがでしょうか。


[PR]
by pullupblog | 2017-05-22 19:47

復興!!

お世話になっております。
東京本店の河上です。

ゴールデンウィークの休みを利用して地元の熊本へ帰省して参りました。

震災後1年が経ち、復興してきたなという実感出来る地域と、復興まであと何年必要
なのだろうと思う地域がございます。

私が育った益城町は、甚大な被害を受け仮設住宅で暮らす方々がまだまだ沢山
いらっしゃいます。

私も被災しましたが家も家族も無事で、普通に暮らせるということがどれだけ幸せ
かを身をもって実感しました。

私も、地元が早く復興できるよう微力ながらお手伝い出来ればと考えております。

f0368824_16295183.jpg




久しぶりに行った天草の海は相変わらず穏やかで癒やされました(^^)

皆様も機会がございましたら是非一度熊本へ足をお運び下さいませ。

[PR]
by pullupblog | 2017-05-15 19:53

今週の【書評】

お世話になっております。
東京本店の本多です。

皆様、GWは如何でしたでしょうか?
帰省されたり旅行に行かれたりと過ごされていたかと思います。
もしくは休み無しで通常通りお仕事されていた方もいたのではないでしょうか^^;

私は実家がある川崎に帰省し(とは言っても電車で40分くらいですが。笑)、
最近入会したスポーツジムへ行き、読書をしたりと普段と代わり映えのない休日を過ごしておりました・・・

本題に入りますが、前回に引き続き書評をさせて頂ければと思います。

書籍のタイトルは、
「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか」です。

キャッチーなタイトルで、書店に並んでいたら思わず手にとってみたくなりますね。
(私がそうでした。笑)

著者は元Googleの人事担当をされていたピョートル・フェリークス・グジバチ氏です。
主な経歴は以下の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ポーランド生まれ。
ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。
2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、
2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング& ディベロップメントヴァイスプレジデント、
2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、
さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、
人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。
現在は、独立して2社を経営。
プロノイア社では、国内外の様々な企業の戦略、イノベーション、管理職育成、組織開発のコンサルティングを行なう。
2社目のモティファイは新しい働き方といい会社づくりを支援する人事ソフトベンチャー。
多国籍なメンバーやパートナーとともに、グローバルでサービスを展開している。
日本在住16年。合気道や禅にも詳しい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という感じで、物凄い経歴の持ち主ですね。
私とは完全に別次元で生きて来られた方です(・_・;)

内容は、第1章から第6章(+終章)で構成されております。
書籍のタイトルである、
「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか」
というフレーズは、この本全体を現している隠喩となっております。
簡単に説明すると、仕事を効率的に進め、自分の業務を自動化させ、
次のチャレンジに取り組めるかなど、心構えや目標設定方法、効率的な学び方、
ツールの使い方などがまとめられています。

その中で私が印象的だったフレーズを5つご紹介したいと思います。

10倍の成果を出せるように考える

例として、仕事で前年度より+10%の目標等を立てるとします。
前年度が100万円の売上の場合は目標は110万円になりますね。
しかし、目標数値がを10倍と設定した場合は、1,000万円です。
この場合は、今までと同じやり方をしたのでは到底達成できないです。
今までのルールや仕事のやり方を劇的に変えない限りは難しいです。
こういった目標を立てることで、考え方や行動が変わるかもしれないですね。

Takeではなく、ひたすらGiveを意識

これは色んな書籍でも使われている言葉ですが、
「与えられる」ことを待つのではなく、
自ら進んで、見返りを一切求めずに「与えること」を意識するということです。
物に限らず、情報など様々なことに当てはめられますね。

オーナーのように考える

仕事上で任せられた事でも、日常的なことでもオーナーとして考えられれば、
物事を俯瞰して考えられますね。
自分の場合は、飲食店に行った時に店内の配置・接客・メニューなど、
「自分だったらこうするなぁ・・・」と勝手に心の中で考えてます。笑
良い悪いは別として、頭のなかで考えるのは自由なので許して下さい。汗

「こちらからどんな情報を提供すれば、相手は喜んでくれるだろう?」という意識を持つ

これは思いやりの気持ちですね!
相手の立場や頭の中を全力で想像して、相手に最適な提案ができれば最高ですね。
ビジネスやプライベート問わず、人と関わることには常に意識しておきたいことですね。

学び続けて変わり(進化)続けていく
できなかったら、「次はどうしたら良いか?」
うまくいったら、「何故うまくいったのか?」
を研究して、常に自分の課題を持ち、
いつも「自分はまだまだだから、学んでいこう。今はそのプロセスである」と、考える。

これは上記の言葉が全てを物語っていますね。
一生勉強!一生成長!ですね。


今回は以上となります。
全体的に「気持ち」の部分が多かったですが、細かい内容が知りたい方は是非ご一読を。

私としては小手先の技術より、後にも先にもまずは「気持ち」が大事だと思います。
志や目標が高い人は素敵です。

ご面談時には皆様の不動産投資をしようと思った経緯・目標・想いをお聞かせ頂けると幸いです。
悩んでいる方は是非一度ご来社下さい。

今後ともPULLUPを宜しくお願い致します!








[PR]
by pullupblog | 2017-05-08 20:47