☆地元の友人☆

お世話になっております。
東京本店の河上です。

花粉症がつらい季節ですが花粉症の皆様はどのような対策をとられていますか?

小学校低学年の頃から花粉症と付き合っている私はひたすら耐えて乗り切っております。

良い対策がございましたらご教示頂ければ幸いです。

さて、先日出張で大阪に行く機会があり中学生の時同じ野球部だった友達が料理長をやっている
お店「一汁二菜 うえの」さんにお邪魔してきました。

ミシュラン2つ星を取ったことのある割烹料理屋の料理長らしいのですが子供の頃(色々な意味で…)
しか知らないのでどんな料理が出てくるか多少…かなりの不安がございました……

f0368824_17431340.jpg


ですが…出てくる料理はどれも繊細で……本当に味しい!!

f0368824_17452996.jpg


f0368824_17501187.jpg

頼んでいないのにカニまで出てきました(^^)


f0368824_17525298.jpg


お酒も美味しい!!


f0368824_17555526.jpg

f0368824_17561279.jpg

懐かしい昔話、バカ話、美味しい料理に美味しいお酒!!
大満足の一日でした!!

今後も美味しいお店の紹介を出来ればと思います!
宜しくお願い致します。

[PR]
by pullupblog | 2017-03-27 20:24

今週の【書評】

お世話になっております。
東京本店の本多です。

私は花粉症の為、日々目の痒みとクシャミと戦っております。
皆様の中にも花粉症の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
注射や飲み薬等の対策方法は多岐にわたっておりますが、どの対策をすれば良いのかは悩ましいところですね・・・

本題に入りますが、本日はグルメネタは一旦封印して、書評をさせて頂ければと思います。

書籍のタイトルは「本音で生きる」です。

ホリエモンこと堀江貴文さんの書籍で、約1年前に発売されたので既に読まれた方も多いかと思います。
ストレートなタイトルで内容もシンプルなので非常に読みやすいです。
同氏について個人的には、livedoor時代から興味を感じ、メルマガ・ブログ・書籍などをチェックしておりました。
常にニュートラルな考えで、周囲からの批判を恐れずに発言をしている姿は、当時、中学生だった私にも印象的でした。

以下、内容を記載したいと思います。
※一部本文より抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------

1つは、

「言い訳」しないこと

本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。
僕はメルマガを含め、人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、
「でも○○だから、それはできないんです」
と言われることがかなりある。
その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。
たとえば、「お金がないからできない」という言い訳。
いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集めることは不可能ではない。
そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は、いったいいくらのお金があればできるのだろうか。
お金が問題ではない人も多いように感じるのだが。
「時間がないからできない」という人もよくいるが、成功する人には時間があって、成功しない人には時間がない、なんてことは当然ながら、ない。
「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならないが、それができない」ということなのだろう。
しかし、世の中はトレードオフだ。
時間がないなら、どちらかに決めなければならない。
むしろ、
「何かをはじめるなら、何かを捨てなければいけない」
ということは、当たり前のことだと知っておくことだ。
「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。
しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところがないはずがない。
僕だって才能があるかどうかといったら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。
結局、
「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、
「自分は今のままでいい」
「努力したくない」と言っているようなものなのだ。
そもそも、才能なんて、やってみないと、自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。
それなのに、やってもいないのに
「才能がない」とうのはまったくの勘違いだと思う。
「でも」
「でも」と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。
「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。

2つめは、

「バランス」をとろうとしないこと

「やりがいのある仕事をバリバリやりたい」が、「家族サービスのためのゆったりした時間も欲しい」。
「趣味の時間は今より減らしたくない」が、「もっと収入は欲しい」。
多くの人は、
「バランス」をとろうとしすぎる。
でも、それはちょっとずるいと思うのだ。
仕事も家庭も趣味も、なんでもかんでもいいとこどりで、バランスのとれた生活をしたいと言っておきながら、
もっと時間を効率的に使いたいとか、チャレンジの多い人生を送りたいとか、人間関係で悩みたくないとか……。
それははっきりいって無理だ。
本当にやりたいことがあるのなら、バランスなんてとらないことをお勧めする。
むしろ、極端でいいのだ。
やりたいことをする一方で、世間的にやるべきと思われている義務を果たさなければと考えてしまう人も多いだろう。
しかし、
「こうでなければならない」という思い込みから抜けられなくなってしまうと、
「バランス」をとることに必死になり、やりたいことも中途半端になり、体も壊してしまったりする。
そんなことで中途半端な生き方をするなら、最初から「バランス」などとらないほうがいい。

3つめは、

「自意識」と「プライド」を捨てること

最後は、「自意識」と「プライド」だ。
みんな自意識過剰なのだ。
でも、他人のことなんて、実は誰も気にしてはいない。
僕だって、「わー、ホリエモンだ」とか言われて写メをとられることもあるが、せいぜい、
その人が友人と夕飯を食べながら「今日ホリエモンと写メとったんだ」「へえ」と話して終わり。
その場のニュースネタとして消費されるだけ。
アメリカの大統領にしても、どんな有名人にしても、世間の関心などせいぜいこの程度のものなのだ。
だから、「どう見られているか」など気にしていても仕方がない。
むしろ「プライド」をなくすほうが、みんなから愛される。
年をとってくると、プライドがものすごく高い人と、全然なくなる人と二極化してくるように思う。
プライドがものすごく高くなって、気難しいおじいさんや、おばあさんを想像してほしい。
こわばった表情のまま、ひとりでつまらなそうにしていて、誰も話しかけてこない。
「あーあ、かわいそうだな」と思ってしまう。
「プライドをなくせば、もっと楽になれるのに」
「そんなこと気にしなきゃいいのに」と。
「世間体が悪いとみんながついてこない」
「こんな年収じゃ格好がつかない」
などと思っている人もいるかもしれない。
大丈夫。
プライドはなくなったほうがみんなに愛される。確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。
逆に
「すごい自分でいなければいけない」とか
「相手に嫌われたらどうしよう」と思ってプライドが高くなると、結論として、相手が自分の側に来づらくなる。
あなたも、そう思わないだろうか?

■プライドの低いバカがいちばん強い
結局、プライドの低いバカが得をすることも多い。
プライドがないから誰にでも声をかけられるし、なんにでも挑戦できる。
普通の人は
「こんな有名人に声をかけたら嫌がられるのではないか」
「失敗したら『できないやつ』だと思われるのではないか」と躊躇してしまう。
要は、自分のプライドが傷つくのを恐れているのだ。
一方、プライドのない人は恐れるものはないから、
どんどん他人に声をかけ、どんどん挑戦している。
挑戦してみてわからなければ、迷いなく誰かに尋ねる。
どちらが得をするのかは明白だろう。
中途半端に小利口な人は、グダグダ、グダグダ考えているだけで何もできない。
結局、
「考える」ことができるほど利口じゃないけど、プライドはない人が得をしているのだ。
「言い訳」しない。
「バランス」をとろうとしない。
「自意識」と「プライド」を捨てる。
3つ挙げたが、まず始めるなら
「言い訳しない」がいいだろう。
言い訳をやめると、本当にすっきりする。
すぐに動けるようになる。
これだけでも今からやってみて欲しい。
~堀江 貴文
-----------------------------------------------------------------------------------

以上が簡単な概要でございます!

皆様の感想は如何でしたでしょうか?

私個人としては、何れの項目もスッと頭に入ってきて腑に落ちる内容でした。
つい「言い訳」を言っている自分に我に返り・・・
「バランス」を取ろうとして欲張りになり、結局すべてが中途半端になっていたり・・・
「プライド」が邪魔をして頭でっかちになり、何も行動していなかったり・・・
如何せん私は頭が悪いので、普段は携帯のメモに入れて忘れないようにしております・・・笑

常日頃から遂行するのは難しいですが、
「意識しては忘れ」を繰り返し、より良い自分を目指したいと考えております!

不動産投資についても同じです。

ご自身一人で色々と考えてみても限界があります。

そんなときは是非一度弊社までご面談にお越し下さい。
些細な事でも良いので今後の人生について、皆様の目標をお聞かせ下さいませ。
皆様の最適なパートナーとしてお付き合いができますよう全力で頑張ります。

今後ともPULLUPを宜しくお願い申し上げます!!



[PR]
by pullupblog | 2017-03-21 20:20

WBC!!感動的な勝利‼


皆さんこんにちわ。
東京本店の岩井田です。

昨日行われましたWBC。皆さんご覧になられましたか?

私は野球に詳しくはないですが、感動的な勝利に胸が熱くなりました。
ど素人の私がWBCについて語らせて頂きます。

東京ドームで行われた、対オランダ戦。
序盤から予想だにしない打撃戦でスタートし、先制したのは2回、我らが侍ジャパン!!
初スタメン秋山がきっちりと犠牲フライから貴重な先制点を取ります。

その裏、オランダのオームランで同点とされるものの、3回、中田の3ランホームラン!!
中田は3試合連続ホームランだそうです。
f0368824_20081193.jpg
その後、秋山が1点を追加し5-1。大きくリードしましたのでこのまま勝つものだと
私は思っておりました…
ですがオランダも強いです。すぐに同点に追いつかれてしまいます。
スポーツはわからないものですね…

5回にはようやく日本が1点を追加し、勝ち越します。
そのまま投手陣が粘りを見せ誰もが勝つものだと思っていたのではないでしょうか…
最終回、オランダが貴重なチャンスをものにし、なんと延長戦!!

よくわかりませんが今大会特別規定により延長11回から無死一、二塁から始まるタイブレークという
ルールで延長戦は行われました。
よくわからないルールではありましたが、ここでも持ってる男「中田 翔」が見せてくれました。

バントで二,三塁とし、中田が感動的なレフト前へ二点タイムリー!!
これが決勝点となり日本が勝ちました!!
f0368824_20081177.jpg

中田が打った瞬間、ど素人でもやはり胸が熱くなり一人で騒いでしまいました。

やはりスポーツが人に与える力はすごいですね。
まだまだWBCは続きます。全員で侍ジャパンを応援しましょう。

株式会社PULLUPもチーム一丸となり、オーナー様が安心して運用が出来る物件を
一棟一棟繋げていけるよう日々努力して参ります。
皆様の胸を熱くするような物件をご準備し、お待ち致しております。

ご面談がお済では無い方。ぜひ一度ご来社下さい。

引き続き株式会社PULLUP一同、宜しくお願い致します。


[PR]
by pullupblog | 2017-03-13 20:45


お世話になっております。
札幌支店の笠原です。

本日は、笠原マンション(築41年になりました)の設備投資のお話しです。

笠原マンションも札幌で生まれ、3月で築41年となります。(PULLUPでは一番築古です!)
風邪などもひかず、まだまだ躯体はしっかり?していますが、そろそろ設備投資をする時期と社長が判断したのでしょう!

今回追加して頂いた設備は!


f0368824_11500820.jpg

























バックです!
しかも厳選された材質の天然革です!
これはさすがに笠原マンションのモチベーションも最高潮です!
募集家賃が20,000円UPした気持ちです!
前々回はネクタイ!前回はハンカチ!今回はバック!と設備投資して頂き笠原マンションがどんどん魅力的になっていきます。

人間もマンションも維持管理が非常に大切な事をあらためて実感致しました。


f0368824_22253332.jpg

f0368824_22253332.jpg

f0368824_22253332.jpg













(ちなみに全体像はこんな感じです。自分の画像をブログに乗せるのは、恥ずかしいので顔はカットしてます)




札幌はそろそろ雪解けの待ち遠しい季節になりました。
物件取得をお考えの方はぜひ札幌支店まで面談にお越し下さい!

[PR]
by pullupblog | 2017-03-06 15:21